FC2ブログ

「プロフェッショナルアイデア」

プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。プロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。
(2007/02/28)
小沢 正光

商品詳細を見る


とても良い本だった。

時間があまりないので割愛するが、何か所も線を引いた。

プロフェッショナルという響きに弱いです、最近。
スポンサーサイト



「すごい!整理術」

すごい! 整理術 (PHPビジネス新書)すごい! 整理術 (PHPビジネス新書)
(2008/02/19)
坂戸 健司

商品詳細を見る


整理術を身につけたければ、まず頭を整理することから始めよう。
整理するとは、ToDoリストを作ることに他ならない。

そして、タイムスケジュールを考える。
優先順位に従ってToDo項目を並べ替える。

こうして決まったToDo項目により、机の上に並ぶものが決まる。

----

Tipsも多かったけれど、あんまり参考にならなかった。

自分なりに考えるしかないのかな。

「Yes,Boss!のすすめ」(再読)

Yes,Boss!のすすめ―最初の3年で仕事のプロになろう!Yes,Boss!のすすめ―最初の3年で仕事のプロになろう!
(2008/01)
落合 文四郎

商品詳細を見る


現時点で何も出来ない新入社員にとって、とても役立つことばかり。

「考具」

考具―考えるための道具、持っていますか?考具―考えるための道具、持っていますか?
(2003/03)
加藤 昌治

商品詳細を見る


アイデアのつくり方、をもっと実践的にしたもの。

①いかに情報を集めるか
②いかに情報を組み合わせてアイデアにするか
③いかにアイデアを企画にするか

それぞれに、とても具体的な方法が記されている。

「メモ」

自分の強みと弱みを考えてみた。

強み

・クリエイティビティ→①相手が魅力的に思うことを②相手が想像していない方法で表現すること

・抽象化→物事の特徴の一面に注目して抽出すること

弱み

・ロジカル・シンキング→①単語が色んな意味にとれる②ピラミッドストラクチャーになっていない

・分析能力→①データを組み合わせることができる②効果的なグラフに落とすことができる

全部ではないけれど、大きくこんなところかな。

自分でクリエイティビティを強みとかいうのは自信過剰ですが、業界の人たちにあまりなさそうなので。。。

English Test

I had two English tests today.

One was Casec, and I got 770/1000.
The other was Versant and I got 47/80.

My score is ordinal among Japanese colleague who never live abroad.

「情報調査力のプロフェッショナル」

情報調査力のプロフェッショナル―ビジネスの質を高める「調べる力」情報調査力のプロフェッショナル―ビジネスの質を高める「調べる力」
(2009/03/13)
上野 佳恵

商品詳細を見る


準備段階

情報収集をする前に、何を調べなければいけないか、はっきりさせる。
何を調べるか分かった後は、必要とされる深さと精度を認識する。

情報収集

どこを調べればどのような情報を得ることができそうか、自分の中にデータベースを作っていく。

「シナリオ・シンキング」

シナリオ・シンキング―不確実な未来への「構え」を創る思考法シナリオ・シンキング―不確実な未来への「構え」を創る思考法
(2003/05)
西村 行功

商品詳細を見る


ブラック・スワン→確率としては起ることは低いが、起った時に強い影響力を発するものの総称

シナリオ・シンキングでは、こういったブラック・スワンを何パターンも想定し、それらに備えることが目的となる。

確率の高いものからは予測可能なものしか想像できないので、
不確実性の高いものから考えを発展させるようにする。

「仮説思考」

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
(2006/03/31)
内田 和成

商品詳細を見る


仮説=現時点で最も答えに近いと思われる考え

例えば「~の売上を上げる」といった答えのないような問題にぶちあたったとき。
情報が氾濫しており環境変化のスピードも上昇した現代、
戦略や戦術を網羅的に考えだし、実証することはもはや不可能となっている。

そこで、仮説を立て、それを検証するという方法が必要となる。

仮説を立てるときには
①掘り下げられているか②アクションに結び付くかと
いう二つの条件を満たしているかを心に留めておく。
また、仮説はシンプルでなければいけない。名刺の裏にかききれないアイデアなんて大したものではない。

次に、仮説は検証されなければいけない。
仮説→検証→仮説、このサイクルをぐるぐると繰り返し、仮説はどんどんと進化していくものだ。
検証時には、基本はクイック&ダーティであることを認識する。
情報は集めるよりも捨てるのが大事であり、情報が多すぎると意志決定は遅くなるのだ。

「アイデアのつくり方」

アイデアのつくり方アイデアのつくり方
(1988/03)
ジェームス W.ヤング今井 茂雄

商品詳細を見る


・何事にも原理と方法を意識する
  -何事もある原理にのっとっている
  -原理を踏み外して動くことは非効率であり、また成功率も低くなる
  -原理に沿って方法を組み立ててしまえば、方法を正確に行うことに注力すればよい
  -方法は、環境によって変化してしまうので、その都度変化させるべきである
  -原理は、根本的な要因に依拠しており、そこが変化すれば変わってしまう

・アイデアは、情報収集なしでは生まれない
  -ある考えに基づき、情報収集をする
    -特殊情報と呼ばれる
    -細部まで見逃さない洞察力を持ち、ターゲットを調べこむ
  -幅広く、情報収集をする
    -一般情報と呼ばれる
  -こうしたアイデアを咀嚼しつくしたあとは、待つのみ

再スタート

初めまして。
戦略コンサルタント1年目の野郎です。
基本的にクライアントとかの守秘義務がきついので、書くとしても日々の学びの話しになりますがよろしくお願いします。

--------

現在は研修期間なのでそれほど忙しくありません。

まず精神的にとても楽です。
成長プレッシャーはあるのですが、プロジェクトがガリガリ回っているわけではないので
他人の期待値を考える必要がありません。

体力的には、基本朝8-9時出社→9時~12時帰りの日々です。
朝も夜も、自分で反省の時間をとったりしているので長くなっているだけです。
もっとスパスパできる人は早く帰っています。

明日以降、余裕があれば学びなど書いていこうと思います。

ではでは!
プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード