FC2ブログ

「頭のいい人の短く深く眠る法」

頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方頭のいい人の短く深く眠る法―頭と体が100%活性化する最高の眠り方
(2005/08)
藤本 憲幸

商品詳細を見る


睡眠時間を減らし、ご飯を食べる量も減らせば
体調も良くなるし一日の時間も有効活用できるぜー!って本。

自分に合った睡眠方法にすればよいですが、
そもそもどのような睡眠方法があるのかを知らなければ如何ともしがたいものです。
そんなとき、こんな睡眠のとり方してる人もいるよーって参考にはなります。

論理的、科学的な実証は本書中にはほぼ無し&あっても信憑性無しです。
他の本読めば似たようなこと書いてありますが、
情報を信じるかどうかは自分次第ですね。
スポンサーサイト



「リクルート事件・江副浩正の真実」

アマゾンのリンクが出ない。
たまーにあるけど、本当に不便。。。

-------------

リクルート事件。

リクルートコスモスというリクルートの関連会社の未公開株が、政治家たちに賄賂として渡されたとされ、当時の政権を揺るがすまでに至った事件。

その事件の当事者中の当事者であるリクルート創業者、江副浩正が
当時の事件の起こりから、検察官との攻防、裁判の過程、裁判終了後までを告白している。

朝日新聞の執拗な世論形成
その世論に流されるように捜査・調書作成をする検察
検察や国の味方をする裁判所

どうあがいても勝てない流れに左右されていく苦しみを書き綴られている。

ーーーーーーーーーーー

あんまり当時の政治のこと詳しくないですし(現在の政治も正直よくわかんないけど)
裁判とか起訴とかの過程もよく知らないので
ところどころすっ飛ばして読みました。

リクルート事件って何なのか知りたくて読んだのですが、
内情すぎてむしろ全体感とらえることができず、本の選択ミスでした。

「THIS IS IT」

MICHEL JACKSON'S "THIS IS IT"

マイケルの”カリスマ”性の下に集まったプロフェッショナル達。

彼らがチームとして、ひとつの作品を生み出す感覚。

見ているだけでその高揚感に浸ってしまうような、映像作品でした。

自分は間違いなく一般大衆の一人であるが、

一般大衆が集まった全体としての思考は全く理解できない。

これも至極当然のことか。

木を見て森をみないというが

木は森から出れない。

自分が木になってしまうと、

森を眺めることは不可能になる。



しかしながら、自分の見えてる範囲の木から森を推測することはできる。

大きさなんてわかりっこないけれど、大凡の山の種類くらいはわかる。

ヨーロッパの山なのか、日本の山なのか、それくらいはわかる。

つまり、一般大衆である自分には、一般大衆全体の思考を理解することはできないが、

一般大衆がどっちの方向にいきそうなのか推測することはできる。

日本の木々が、群生している一部の大木たちに養分を吸い取られてしまい

貧弱な古木へと成り下がってしまう様を推測することはできる。



山の大きさなんて変わるもんじゃないけれど、

木の内容なんてすぐに変化しちゃうし、

うまく養分を吸い取る木々をもはや止めるすべは無いんじゃなかろうかね。



分かりにくい内容&口調で申し訳ないですが

こうゆう話はこんな感じでするくらいがちょうどいいんだと思ってます。

「アインシュタイン・ファクター」

アインシュタイン・ファクターアインシュタイン・ファクター
(2009/05/25)
リチャード・ポーウィン・ウェンガー

商品詳細を見る


アインシュタインに関して書かれた本ではない。
アインシュタインなど、天才たちが習慣的に行っていた思考法を紹介する本である。

天才たちは、「無意識」を利用している。
つまり、無意識の部分に情報を蓄え、無意識の部分から情報や発想を引き出すのである。
たとえばイメージ・ストリーミングやフォトリーディングなどが挙げられる。


感想
イメージ・ストリーミングの効果に関しては正直よくわからなかったけれど
描写する習慣はつけたいと思った。

ただ、ページ数が無駄に多い。
結論から書かれていないので、読むのに疲れる。
いまいち理解できなかったので、もっと簡単なHow to本を読んでからにすればよかった。

さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅- [Blu-ray]
(2009/09/09)
野沢雅子池田昌子

商品詳細を見る


銀河鉄道999

なんだこの静かで重い世界観は。

漫画を少し読んだだけなのですが、一気にはまりそう。

「美しき日本の残像」

美しき日本の残像 (朝日文庫)美しき日本の残像 (朝日文庫)
(2000/09)
アレックス・カー

商品詳細を見る


「残像」と書かれているとおり、
著者は日本の美しさは時代を立ち去り、わずかに後姿を残すのみであると考えている。

だが、個人的にはそうは思わない。
アスファルトに囲まれた京都であっても、
変わりゆく中でも変わらないものを愛でればよいのではないか。

すべてを保存しようとする動きは摩擦を引き起こす。
もっと気楽な文化があってもいいと思うのだが。

とはいえ、ここに書かれた日本はとても魅力的である。

むかしむかし、小さなコンサルティングファームでインターンという名のバイトをしていたときの先輩と飲みに行った。

社内では言えないような悩みを、同業他社の人に言うととても心地よく受け取ってもらえる。

境遇が非常に近い先輩であり感性もやりたいことも非常に似ていたため、

ほぼ必然的に悩みも似たようなものとなり、その悩みを経験してきた先輩からの言葉は

今まで聞いた解答の中でも非常にしっくりときた。

コンテクスト
第一第二第三レベル
整理する
思考とアウトプットは比例する
コンサルスキルは絶対に役立つ

「つぎはぎだらけの脳と心」

つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか?つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか?
(2009/09)
デイビッド・J. リンデン

商品詳細を見る


この邦題はちょっと誇張しすぎですね。
実際は、

①脳がいかに非効率なシステムで働いているのか

②記憶、夢などと脳の働きの因果関係に思いを馳せる

という2本立てで、2本目の方が詳しく事例つきで載ってる感じです。

脳の仕組みとか生物学的な視点もふんだんにありーの、
ネタとして使えそうな事例もたくさんありーので、
知識レベルでの好奇心をくすぐってくれました。

「ATOM」

アトムのリメイク??
ふらっと入った映画館でふらっと見た映画。
単純な、ロボットと人間の対立、そして和解を描いた映画。

子供だましのプロットに、それでも訴えるものがあるのは手塚魂の遺言とでもいえばよいか。
コンピューターグラフィックの美麗さをのぞくと、
この映画に対して、関心を示すべきポイントは少ない。

なんだろうなー
単純な勧善懲悪にしてしまったことが原因か?
ロボット壊してしまって悩むアトムくらい書いてみればよかったのに

自分のまぶしい未来は

明るさに眩んで前を見ようとせずに進みだした結果

道を消してしまった。

いや、そもそも道があったのだろうか?

道という概念を消すことが使命だったのではないだろうか

よし、それならば記述することから始めよう

自分の行動を記述するのである。

何に依った行動か

何が誰を動かしているのか

自分の行動を動かしているのはダレナノカ?

記述し終えたその先には、

私は文字で形成された一個の生命となるであろう。

文字によって解き明かされた自分は

自分という範囲を超えて他者の命を解き明かそうと動き出す。

そうして動き出した文字の羅列が

自然を形作る一定のリズムとなり

リズムが新たな生命を生み出していく。

記述された個と、個の集合が生み出すリズム

そのリズムが記述を展開し、

その展開は、先導太鼓のように集合を導いていく。

我の行く先は

まぶしい未来なのか

記述された世界なのか

リズムのウネリの中なのか。

安静でありたい。

「イサム・ノグチ」

イサム・ノグチ〈上〉―宿命の越境者 (講談社文庫)イサム・ノグチ〈上〉―宿命の越境者 (講談社文庫)
(2003/07)
ドウス 昌代

商品詳細を見る


イサム・ノグチ

彫刻家?画家?インダストリアル・デザイナー?環境建築家?

日本人の父とアメリカ人の母を持ち
日本とアメリカのどちらにも帰属することはできないスティグマを負った彼は、
天から授かったような容姿に加え、
壊れやすい細工のように複雑な感情と鉄の信念を併せ持って
芸術と女性に塗れた人生を送った。

彼の命は天が産み落としたものなのだろうか?
揺れに揺れた心情とは裏腹に、生き方は盤石な意志の上に依っている。
そこまで一途な彼の生き方とは、なんなのだろうか。

揺れる心情をここまで書ききった本作は秀逸であるが、
何がそこまで彼を掻き立てたのか
その信念を知りたいとも思う

「マーケットの魔術師」

マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣
(2001/08/01)
ジャック・D. シュワッガー横山 直樹

商品詳細を見る


トップトレーダーたちに著者がインタビューを行い、それらをまとめたもの。

非常に情欲をそそるような、成功話ばかり。

こんなに成功する人は何人に一人かってね。

-------

これはギャンブルっぽい話やけど、10万円もってて、

50倍の賭けにかてばそれだけで500万円。

そっから20倍の賭けに勝てば1億円。

10万円ある人は、1000人に1人の運を試してみてはどうだろうかね。

-------

「剣で生きるものは剣に死ぬ」

たくさん儲けてても一瞬でお金が吹き飛ぶ世界。

儲けた人はそれだけ、失うのも早いかもしれない。

http://www.youtube.com/watch?v=uV4iOl-NAnI

昔って自由(=ルールが少ない)やなー

出演者も製作者側も人の心にも。

怪しい宗教家みたいになってきそうですが

真心ブラザーズっていいね

遼君が負けてブエナビスタが負けた。

遼君はプレーオフの末、パットがカップを触るものの入らず勝負あり。

ブエナビスタは馬群から抜け出せず、抜け出たときには間に合わなかった。

両方とも惜しかったなー。



只今感情は曇った虹色のように、気持ち悪く混じりあっております。

ショック

記録・・・

アクターの自分と、プロデューサーの自分

今ある舞台が最高の舞台

猿と超越した天才

論と情

情情情

楽観者が死にやりきる人が生きる

ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」
(2009/09/04)
堀江 貴文西村 博之

商品詳細を見る


ホリエモンのブログ読んでるし違う本も読んだから、同じ話ばっかで飽きてきた。

でもま、ホリエモンってシンプルでいいよね。
考えが単純やし、一貫してるし。

傍若無人というより、マメなあたりが経営者っぽさを感じる。
この人は失敗談を書きまくったり苦労話を話したほうが面白いはず。

ひろゆきは心底、普通の人やよね。そこらにいそうな。
話面白そうやけど。



ってくらい、だるーくゆるーく読める本でした。

「思考の整理学」

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


答えを求める受験型人間じゃなく、
自ら問をたてることのできる面白アイデア人間になろう

そのためには、いろんな本を読んだりして知識をつけること
その知識をとりあえず寝かせておくこと
 -寝かせるときに、文字にしたり、まとめてみたり、寝かせる方法が大事
寝かせておいたら、いつかアイデアになるのを待つこと

この3つを守ろう

-----------------

他にも同じような内容のがあるし、ほかのが実用性ある。
(この本がオリジナルなのかもしれないけれど)

その分、この本は小説的で面白い。
文章に味がある。

「わたしのなかのあなた」

小さなころから癌で苦しむ少女、
その少女に臓器を提供するために生まれてきた妹、
そして、母親。

自分は何のために生まれてきたのだろうかと自問自答する少女たち、
そして親の意思。

苦しんでる家族が、束の間の休息をとり愛情を確かめ合う姿には

久々に映画で涙がぽたぽた落ちた。

家族ものは卑怯だってば。。。

-------------

死を受け入れた瞬間から、世界は暖かくなる。

死ぬのだから不必要な贅沢なんていらない。

ただ、幸せな時間を長引かせることだけを考える。

自分の人生をどれだけ幸せで埋め尽くすことができるのか。

そうして人生が終わる。

----------

自分の中で結論の出たことはたくさんある。

実行していないだけで。

しかし、実行することはもはや不可能なようにも思う。

まだ大学を卒業しただけだけれど

いろんなものを背負ってしまっっていた。

ユニクロのカレンダー(ネット)

ユニクロのカレンダー

http://www.uniqlo.com/calendar/

音楽がのんびりしてていいなー
イメージ戦略をとっても頑張ってるユニクロ。
応援してます。




ユニクロって面白いなー。

何年スパンでものを見てきたのかは知らないけれど、
もはや立派なファッションブランドになってしまった。

フリースだけのころはまだ部屋着屋さんでしかなかったのに
いつの間にかカラフルになっちゃって、
外出用の服も買えるお店になった。

こうなると、ライトオンとかジーンズメイトとか、涙目ですよね。
ポジショニング失敗したね。

戦略の大事さって、ショートスパンじゃ見えてこないけれど長期的に明らかに差がつく。

戦略って、まぁポジショニング=どこで差別化するか=コストor付加価値どっちにいくのだとは思うのですが、ユニクロって今まであった概念、コストor付加価値を覆してる。

コストor付加価値でみるより、
付加価値/コスト
でみればいいのかなー。。

「量子力学の解釈問題」

量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)量子力学の解釈問題―実験が示唆する「多世界」の実在 (ブルーバックス)
(2008/05)
コリン ブルース

商品詳細を見る


文体からして、少なくとも初級者向けの本ではない。
1冊軽く量子論などについて読んだ後、本書に立ち向かうとよいだろう。
量子コンピュータとかだけじゃなく、純粋に量子力学を理解したい人向けの1冊。

それにしても、分かりにくいのは訳書だからじゃかろうか。

「デジタル一眼 撮影術入門」

カラー版 基本がわかる!写真がうまくなる! 「デジタル一眼」撮影術入門 (アスキー新書)カラー版 基本がわかる!写真がうまくなる! 「デジタル一眼」撮影術入門 (アスキー新書)
(2009/09/09)
田中 希美男

商品詳細を見る


カメラは嘘をつく。
しかし、その嘘のつき方をしらなければ、偶然を支配することはできない。
世の中の偶然に偶然を重ね合わせた芸術の一つに写真があるんだと思う。

「量子コンピュータ」

量子コンピュータ (ブルーバックス)量子コンピュータ (ブルーバックス)
(2005/02/18)
竹内 繁樹

商品詳細を見る


量子コンピュータ、それは世界のあり方を変えるかもしれない人類の進歩のひとつ。

とはいえ量子論自体、理解できない。
デコヒーレンスあたり、なんとなく腑に落ちない。
3次元を超えだすと途端に理解力落ちるなー。

さらに量子コンピュータになると、コンピュータの仕組みのあたりで頭が痛くなる。
概要は分かるけど。。。。

----------------

ブルーバックスって奇跡の名文庫だと思う。
ブルーバックスだけを集めた本屋さんがあれば通いたい。
それだけで知的好奇心は人生をかけても満たされないだろう。

「ウェイキング・ライフ」

ウェイキング・ライフ [DVD]ウェイキング・ライフ [DVD]
(2004/01/09)
イーサン・ホークリチャード・リンクレイター

商品詳細を見る


この映画は初めて見た時、言葉遊びに散らばめられた哲学的思考が知的で面白かった。
卑怯な表現方法だとは思ったが。

でも、もう一度じっくり見てみると浅い作品に思えてきた。

どの話も小出しで、もっと深く掘らないと「名言集」でしかないし、
名言集にしてしまったあたりに「卑怯だ」という言葉が当てはまるため、
イライラしてくる。
羨望の卑怯である面は否めないが、作品として卑怯である。
そんなレトリックから外れれば、映像とか面白いのに。

オバマが演説をしてもシカゴが1回目の投票で落選した。
オバマの神通力が弱ったんだ、という記事も見つけた。
しかし、海外でそもそもオバマはどういった評価を受け、どのような感情を人に与えているのだろう。
マスメディアが作った偶像をそのまま感じ取っていたなんて、感覚が鈍っていた。

「アメリカン・スクール」

アメリカン・スクール (新潮文庫)アメリカン・スクール (新潮文庫)
(2007/12)
小島 信夫

商品詳細を見る


小島信夫の中でも読みやすいものを選んだのかもしれない
「馬」という短編は面白かったけれど、ほかはインパクト薄い
プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード