FC2ブログ

TOEFLのスコアが全く伸びなかった苦笑

リーディング:26(+2
リスニング:22(+4
スピーキング:17(-1
ライティング:22(-5

リスニングを26に、ライティングを27にすることを目指そう
ライティングに関しては、時間不足。スピードですね。
リスニングに関しては、問題慣れと単語なのかなー
スピーキングはまぁどうでもいいや、しばらく。

最近英語のこと考えてる暇がない。
スポンサーサイト



プロフェッショナルとして生き、作家として生きるには

プロフェッショナルの原点プロフェッショナルの原点
(2008/02/16)
P.F.ドラッカージョゼフ・A・マチャレロ

商品詳細を見る



ドラッカーの本を初めて真剣に読み、そして、心を打たれた。
プロフェッショナルとはどのような存在で何をすべきなのか?に答えてくれるこの一冊は
心より待ち望んでいた教科書である。
社内外でよく聴くような、プロフェッショナルたるもの犠牲を払え!みたいな根性論とは違う。
毎日読み返したい。

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る


発売日に入手し、休日に一気に読破。
時間がたったこともあるのかもしれない。
謎解きの回だったからかもしれない。
のめり込むように読んでしまった。
次へ次へとページをめくり、ページ数が少なくなるたびに寂しさが増していった。

この本で、彼が書きたかったことの限界に気付いたと共に、
彼も進化しようともがいていることを感じた。
村上春樹論はまたいずこかで。

「おへそはなぜ一生消えないか」

おへそはなぜ一生消えないか―人体の謎を解く (新潮新書)おへそはなぜ一生消えないか―人体の謎を解く (新潮新書)
(2010/02)
武村 政春

商品詳細を見る


人体に関して知識を付ける意味で購入。
胸腺やT細胞、脱核といった、高校生物では学ばないマイナーな知識が身に付いた。

ちなみに新書にはいつものことであるが、タイトルはキャッチ―なだけであり、内容の要約ではない。

「インフォコモンズ」

インフォコモンズ (講談社BIZ)インフォコモンズ (講談社BIZ)
(2008/07/17)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る



本書は現在のところ、SNSなどを含む新たな情報サービスの可能性と現状、課題を最も上手く纏めている。
うちの通信系のエキスパートが推薦していた本です。

----------------------------------------------

新聞やテレビなどのプッシュ型の情報サービスが第一段階だとすると、

第二段階ではインターネットなどを利用してプル型で情報を収集する情報サービスが現れた。
たとえばRSSリーダーを利用してブログやニュースをつまみぐいしたり、
単純にGoogle検索で必要な情報のみを選択したりすることが第二段階で行われている。

しかし、情報量が多すぎるこの世の中では、最早プル型では適切な情報にたどり着くまでに時間がかかり過ぎる。
そこで今模索されているのが「パーソナライズされたプッシュ型」情報サービスである。
Amazonのレコメンデーションなどはその先駆けである。

では、このフェーズを第三段階だとすると、そこにはどのような課題があり、どのような可能性があるのだろうか?

「NINE」

NINE


http://nine-9.jp/

ケイト・ハドソンのダンス、マリオン・コティヤールの見守るような微笑はいいね。

ただ、That's all

「リスクにあなたは騙される」「こころ」

リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理リスクにあなたは騙される―「恐怖」を操る論理
(2009/05/22)
ダン・ガードナーDan Gardner

商品詳細を見る


久々の良書。

人は、ある事例を見てしまうことにより先入観を抱いてしまう。
例えば、9.11以降、飛行機に乗る人は少なくなり、自動車で移動する人々の数が増加した。
その結果、9.11以降、自動車事故が増えてしまい、数多くの死者を生み出した。
飛行機に乗っていれば、この事故の大半は起きなかっただろうし、死者の数も圧倒的に少なかっただろう。

また、感情により確率を見誤ってしまうこともある。
癌の恐ろしい話を聞くと、なぜか全く関係ない糖尿病のリスクすらも過大評価してしまう。
2つの病気に関係などない。ただ、感情で判断しているだけなのである。

こゝろ (角川文庫)こゝろ (角川文庫)
(2004/05)
夏目 漱石

商品詳細を見る


夏目漱石リバイバル。

こころ。

少しダルい感じがちょうどいい。
プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード