FC2ブログ

「蝿の王」


蝿の王 (新潮文庫)蝿の王 (新潮文庫)
(1975/03)
ウィリアム・ゴールディング平井 正穂

商品詳細を見る


飛行機が無人島に不時着し、取り残された子供たち。
一見漂流記的なお話かと思いきや、
少年という素直さを利用しながら人間の暗黒面へと、加速度を増して物語が進む。

圧倒的な比喩力!
これだけの寓話をかける作者はそうはいまい。
(ノーベル文学賞とってるし、そりゃそうか)
スポンサーサイト



「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
(2010/03/10)
ティナ・シーリグ

商品詳細を見る


ヤル気が出る、とてもよい本だった。

基本的に中身は一般的な啓蒙本と異なる部分は無い。
違いは、エピソードの面白さである。

起業家がアイデアを思いついたときのエピソードや、
大学の授業中に生徒が思いついたアイデア、
行動に移した際に生じた事象など
それぞれのお話が興味深く、自分にもできるような気がしてくる。

なんて単調な批評だ・・・苦笑

Ch.Couhins Lurton Rouge

http://winefun.jp/buy/wine/show/14346

「ノルウェイの森」

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る


ノルウェイの森を読みました。

ノーマルな、いい小説でした。
プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード