FC2ブログ

「金閣寺」


金閣寺 (新潮文庫)金閣寺 (新潮文庫)
(2003/05)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


なんとなく分かりつつ、なんとなく分からない。

一番わからないのは一番根本的な部分で、そもそも金閣寺は、彼にとってなんだったんだろうかということ。
金閣寺は変わらず存在し続けており、主人公は認識によって動いている気がするのに、
彼自身は行為が大事だとか言うんだから、よく分からない。

スポンサーサイト



「阿修羅ガール」


阿修羅ガール (新潮文庫)阿修羅ガール (新潮文庫)
(2005/04)
舞城 王太郎

商品詳細を見る


実のところ、最後の方はついていけなかった。そんな自分が少しショックだった。

デヴィッド・リンチ展

http://www.fashion-press.net/news/3991

彼の映像が持つ、圧倒的な迫力を感じなかった。

「荒川修作の軌跡と奇跡」


荒川修作の軌跡と奇跡荒川修作の軌跡と奇跡
(2009/04/10)
塚原 史

商品詳細を見る


著者が、昔読んだダダ関連の本と同じで驚いた。荒川もネオダダだから系譜としては一含まれるんだね。

本書を読んで、限界点というものを感じた。

頭でこうだ、と理解している一方で、それをやりたいのか、という葛藤。

自分が一体、何者になろうとしているのか。それで幸せなのだろうか。そんなことを気にしちゃう時点でぶっ飛んだことはできない。

「巨大投資銀行」


巨大投資銀行 (上) (ルビ:バルジブラケット)巨大投資銀行 (上) (ルビ:バルジブラケット)
(2005/11/11)
黒木 亮

商品詳細を見る


予想以上の出来。

投資銀行というと、我々世代ではM&A関連ビジネスを思い描くものであるが、
本小説の7割くらいはトレーディングとカバレッジバンカーの話である。

いまやこんな小説に描かれたような世界でもなくなっている。
優秀な人と、がりがり熱く働くって、いいよね。
クビになるかも、くらいのギリギリ感がほしい。辛いけど。それに見合う報酬があればなおうれしい。
プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード