FC2ブログ

読了メモ

凍りのくじら
スロウハイツ

辻村深月


隠れた脳
スポンサーサイト



「ティファニーで朝食を」


ティファニーで朝食を (新潮文庫)ティファニーで朝食を (新潮文庫)
(2008/11/27)
トルーマン カポーティ

商品詳細を見る


題名とは裏腹にぶっ飛んだ小説だった。

キャラ設定で突っ走った感じの小説、久々に読んだ。非常に面白い。

当時の雰囲気っぽさはあまり感じられないけれども、退廃的な雰囲気が最高。

「悲しみよ、こんにちは」

悲しみよこんにちは (新潮文庫)悲しみよこんにちは (新潮文庫)
(2008/12/20)
フランソワーズ サガン

商品詳細を見る


この頃は、プロットとかも構成されていて、初期の作品らしい初々しさを感じることが出来る。

個人的にサガンの退廃的で透明な文章は好きだけれども、ちょっとこの頃はギラギラしているように感じる。

年齢を経て、こうした恋愛事情は少し、甘ったるく感じる。

「ある微笑」

ある微笑 (新潮文庫)ある微笑 (新潮文庫)
(1958/05/05)
フランソワーズ サガン、朝吹 登水子 他

商品詳細を見る


訳者による解説でなるほど、と思ったことは、このサガンの文章を「芸術」と表現していること。

残念ながら、既に2012年を迎えた我々にとって、本書の内容自体には新鮮味を感じない。
一方で、文体から漂う空気は普遍的なものであり、サガンの世界を存分に味わうことが出来る。
それこそ、文体が有する芸術性なのであろう。

訳者の口調次第といえなくも無いが...

「愛という名の孤独」

愛という名の孤独 (新潮文庫)愛という名の孤独 (新潮文庫)
(1997/09)
フランソワーズ サガン、朝吹 由紀子 他

商品詳細を見る


サガンのインタビュー集。

なぜ、彼女がサルトルなどと楽しく会話できたのだろうか。

まだサガンのことを理解できていないのかもしれないし、そんなものかもしれない。

その他読んだ本たち

愚直でまっとうな不動産投資の本
ファンドマネージャーの株式運用戦略
TOP TRADERS 2004 プロの投資術
不動産投資25の落とし穴《ケーススタディとポイント解説》
コモディティ投資入門―普通の暮らしを守るためのおカネ術
図解入門ビジネス 最新コモディティの基本と仕組みがよーくわかる本
日本の不動産 急浮上が始まる!
手持ち200万円から始める! 低リスク・高利回りの不動産投資

「1年ののち」


一年ののち (新潮文庫)一年ののち (新潮文庫)
(1960/01)
フランソワーズ サガン

商品詳細を見る


読む人は、登場人物の幸福を祈るのか、不幸を期待するのか。

みんなおかしく、みんな正しく、あらゆる人間が相対的。

この作品を評価した人は、既に自分が作家であり、描こうとしている何かを見つけたからであろうか。

「一億三千万人のための小説教室」


一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
(2002/06/20)
高橋 源一郎

商品詳細を見る


大事なことは受容力。

面白い、と思うための準備が必要

「書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)」


書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)
(2008/11)
保坂 和志

商品詳細を見る


小説をどれだけ手段として捉えるか。

手段として捉えたなら、どう使うか、なぜ使うか。

「岳飛伝 一 三霊の章」


岳飛伝 一 三霊の章岳飛伝 一 三霊の章
(2012/05/25)
北方 謙三

商品詳細を見る


戦闘シーンが出てくると面白くなる。

淡々と進む熱い感情

「屍者の帝国」


屍者の帝国屍者の帝国
(2012/08/24)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る


伊藤計劃の薄い部分が出ちゃったような。

設定とか、端々のセリフとかは面白かったり含蓄に富んでたりするんだけれども、長々と読ませるだけの何かは持っていなかった。
プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード