FC2ブログ

「経済学者の栄光と敗北」


経済学者の栄光と敗北経済学者の栄光と敗北
(2013/08/01)
東谷 暁

商品詳細を見る


いろいろな経済学者の考え、生い立ち等を時系列というか議論の深化過程にそって紹介していく本。

わかりやすく格経済学者のことが紹介されてて、一読するだけであぁ、あの人はxxxって言えそうになる感じ。

経済学者ではない著者が書いてあるため、限定的な議論になりつつも、一本調子に仕上がっていてわかりやすい。
スポンサーサイト



「ルールを変える思考法」


ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)ルールを変える思考法 (角川EPUB選書)
(2013/10/10)
川上量生

商品詳細を見る


上場企業じゃなけりゃ、いい経営者かもしれない。
なんのために上場してるのか、それが株主にとってもハッピーなことなのか、一度考えて欲しいなぁ。
株主にもいろんな人がいるけど。
かなり社内はストレスフルっぽいことを社員は言ってたし、はたしてどれだけ額面通りに受け取ったものか。

ルールを変える思考法が何かはわかりませんでした。

「ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール」


ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルールウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
(2012/02/22)
サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト 他

商品詳細を見る


さらっと見ただけだが、なかなか示唆深い。知ってる話ばかりだけれど、改めて、そういえば見忘れてたなーとか色々チェックできる。

「雄気堂々」


雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)
(1976/06/01)
城山 三郎

商品詳細を見る


渋沢栄一伝。前半は少しまどろっこしいが、平岡円四郎に仕えるあたりから一気に物語が加速し、密度も濃くなっていく。かなり面白い。

偉人はいっぱいいるが、歴史に学べば、誰が一番良い人生を歩んだのでしょうかね。議論はつきないものだ。

乱れたときこそチャンス

世の中の枠がキチっときまり、シャンシャンと物事が進んでしまうときにおいては、飛躍的なチャンスを掴むことは難しく、一段一段と歯車の中を上っていくことが大事となる。一方で、世が乱れ始めたとき、全ての枠が再構築されようとするとき、突然変異のようなチャンスをものに出来るかどうかは自らの才覚次第である。誰が乱し始めるのか、いつ乱れるのか、それを見極めることが本質。まだまだ先は長い。

それにしても、世の中にはどれほどの大器が眠っているのだろうか。幕末だけを見ても綺羅星が無数に躍動しているが、戦前・戦後になるとそれこそ官民問わず開花する才能が語られる。語り部が増えただけ、とも言えようが、増える語り部の需要を満たすだけの人物が存在したことが面白い。

果たして現在、どこの誰が語るに相応しい人物であろうか。社会が大きくなりすぎて早熟の天才が社会の一員として認められるには難しい状況があるのは間違いない。一方で、産学官どこからであれ、もっと鳴り響く何かが聞こえてきてもよいとも感じる。夢がないのか、場がないのか。全て小粒に聞こえるのは実績が足りないからか。

時代が先に駆け抜けていってしまったように感じる。しばらくは淡々と過ごすくらいしか見つからないが、その間に鋭気を養い地力を身につけ、何もなければ一生、蓮が咲き誇る河のほとりでお茶でもしていようか。

「セブン&アイHLDGS.9兆円企業の秘密―世界最強オムニチャネルへの挑戦」


セブン&アイHLDGS.9兆円企業の秘密―世界最強オムニチャネルへの挑戦セブン&アイHLDGS.9兆円企業の秘密―世界最強オムニチャネルへの挑戦
(2013/09/03)
朝永 久見雄

商品詳細を見る


7&iHDの個々の会社それぞれまでの具体的な事例が豊富。面白い。

「しまむらとヤオコー」


しまむらとヤオコー -小さな町が生んだ2大小売チェーン-しまむらとヤオコー -小さな町が生んだ2大小売チェーン-
(2013/01/21)
小川孔輔

商品詳細を見る


本当にビジネスを理解しようとすると、こんなに細かいことをいっぱい考えないといけないのか。ファンダメンタル投資家ってなんやろね。

「爆速経営」


爆速経営 新生ヤフーの500日爆速経営 新生ヤフーの500日
(2013/11/07)
蛯谷 敏

商品詳細を見る


少し太鼓持ち的な部分はあるが、変化の内情を知るには面白い

「ウォルグリーン―世界No.1のドラッグストア」


ウォルグリーン―世界No.1のドラッグストアウォルグリーン―世界No.1のドラッグストア
(2005/02)
松村 清

商品詳細を見る


かなりシステマティックな企業

「私の財産告白」


私の財産告白私の財産告白
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る


本多静六の資産についての考え方など
プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード