FC2ブログ

スポ根

キャプテン (1) (集英社文庫―コミック版)キャプテン (1) (集英社文庫―コミック版)
(1995/08)
ちば あきお

商品詳細を見る


このマンガとかまさに泥沼スポ根。
主人公は野球部に入るも、実力は最低レベル。
しかしながら、その野球部も地区の中でも最低レベル。
ここから、ひたすら努力努力の日々が続く。
努力も、特殊な練習じゃなく、ひたすらに近距離でノックを受けたりするだけで、生々しい。
朝も夜も練習に明け暮れ、その結果、傷だらけのシーンばかり。
上手くなってもいつでもそれより強いやつらが出てきてしまい、
またボロボロになり続ける。
いったんは日本一になるも、次の世代はまた傷だらけになる。
彼らの努力は終わらないし、続編もあるのだがそこでもまだドロドロ努力が続いていく。

それに比べて、最近のマンガって努力してるシーンとか少ない気がする。
ある種の天才がちょこっと壁にあたるけど、不思議と乗り越えてしまう。
努力し続けるシーンよりは、そのきっかけにあたるシーンが見ものになる。
幾年もの歳月が一瞬ですぎ、急に強くなった主人公が表れる。

日ごろから見てきた風景というものは、目から離れないもの。
こうしたマンガの違いが先なのか、国民性が先なのか
やっぱり努力ってする人へったよね
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード