FC2ブログ

「1984年」

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る



時は1984年。
核戦争が終焉を迎え、世界は3つの大国に支配されている。
その中の1つ、オセアニアにおいては、ビッグブラザーによる1党独裁政治が行われ、
日常生活はテレスクリーンによる党の監視下に置かれている。
管理は厳しく、食べるもの、着る服全てに及んでいる。
しかし、誰もその生活に不満を言う気配はない。
むしろ、ビッグブラザーは国民の英雄とでも呼ばれる気配である。

ウィンストンは常々、疑問を抱いていた。
「何が正しいのだろうか?」
過去すら常に書き換えられており、もはや真実は何なのかは分からない。
党がおかしいことだけは分かる。
「しかし、どうすればよいのだろうか?」

ジョージ・オーウェルが書ききったストーリーは、
果てしない。

自分なりの解釈をつくるためには、
もう一度読まなければいけない。

適当に読んだ自分を反省したい。
--------------------------------


今まで読んだ本の中でもTOP3に入るくらい面白かった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード