FC2ブログ

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
(2013/04/12)
村上 春樹

商品詳細を見る


予約して、初日に読了。

詩的な表現は変わらないものの、文章に込められた意図がかなり直接的になり、エンタメ要素が強くなった感がある。

言葉を悪くすればチープなんだが、単に、純文学ではなく、小説を書いたとかの違いでしかないのかもしれない。

村上春樹の何が好きかによって賛否両論となろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード