FC2ブログ

「」

あるキングあるキング
(2009/08/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


今回の作品は、個人的には駄作でした。

あんまり偏った意見は公の場で言うべきではないと、最近ようやく気付いたのですが、
気にせず言ってみます。

----------------------------------------------

伊坂幸太郎は図抜けたストーリーテラーである。
中身は正直な話、薄い。
ただ、魅力的なストーリーを構成する力、文章を作る力があるからこそ、何冊も読んでしまう。

この作品でも、文章を作る力の面では従来と同じく、変わらないレベルを保っている。
しかし、ストーリーを構成する面では、低級に飾り付けられた家具のような、安っぽいのに頑張っちゃった感が満載でイライラした。魅力的なストーリーを構成するツボを押し間違えている。この作品で、彼は仕掛けを作ることはうまいけれど、社会の深みを暴くような深遠さを持たない作者だと確信した。

大きな押し間違いを挙げると、アイコンとしてシェイクスピアを持ってきたこと。アイコンを使う理由は読者の知的興味を刺激したり、親近感を刺激することで作品への興味を強くするものである。1Q84ではジョージオーウェルが使われていたし、過去の脅威であったビッグブラザーに対して現在の脅威がリトルピープルという、まさに知的興味を引くような対比がされていた。しかし本作では、シェイクスピアの上っ面のみ、形式のみを利用し、中身は全く考えぬかれていなかった。確かにアイコンとして親近感がわくかもしれないが、あまりの中身の無さに知的興味を失ってしまった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

I is Ninth

Author:I is Ninth
Secret makes secret secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QRコード